Sound of Wind Mill

思うまま 感じるまま を そのまま 言の葉や 絵の葉に のせて 気ままに 飛ばしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
詩と唄


   このブログをご覧になってくれる皆様へ



長い間、更新をほったらかしにしていて、申し訳ありません。

いろいろ、私事で忙しくしていました。


少し、その私事にについて、お話させていただくと、

SahAは、歌を始めました。

実は、昔から歌を歌うことは好きで、

一時期、習っていたこともあったのですが、

もう一度、真剣に歌と向き合ってみたいという想いが募り、

再び、歌を始めることとなりました。


最近、音のついた夢をよく見ます。

元々、私の夢には、五感がついていることが多かったです。

時には第六感がついていることもあります。

(予知夢をときどき見ます。)


また、最近は、メロディーをふと思いつくことも多くなり、

それと共に、メロディーに乗る言葉も共に浮かんでくるようになりました。

今は、それを、破片として記録することしかできませんが、

いつか、ちゃんとした、歌として、完成させてあげられればと思います。


そこで、歌と共に、作曲・作詞も習い始めました。

昔、一度、妹の友達に頼まれて、曲に詞をつけたことがありますが、

そこで、実感したのは、目で見る“詩”と、耳で聴く“唄”は違うということです。


目で見る“詩”は、字体や行間の間隔、スペースの取り方、漢字の使い方に至るまで

目で見えるすべての要素によって、イメージが大きく変わってきます。

私は、このブログで、いくつもの詩を書かせていただきましたが、

何度もプレビューを見直し、視覚によって触発されるイメージに

全身全霊でアンテナを張り巡らせて、推敲を重ねました。


一方、耳で聴く“詞”は、耳から入る情報がすべてなので、

今までのやり方では、うまく言葉を伝えることができませんでした。



スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。