FC2ブログ

Sound of Wind Mill

思うまま 感じるまま を そのまま 言の葉や 絵の葉に のせて 気ままに 飛ばしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
人間パンダ―18

なにがどういうこと?!

もう、わけがわからない!


この事態はそもそも何なの?!

私に、一体何が起こったの?!


理不尽な不可解さに絡まれて、身動きが取れない。

思わず、髪を両手でかき上げる。

これは、一体何なの?!



気がつくと、すぐ眼の前に美津井がこちらを向いて立っていた。

眼が合うと、ふっと笑った。


「どうだ、しんどいか?」


思わず、無言で頷く。




「そうか・・・」




美津井は、いったん視線を落とすと、また顔を上げた。




「では、楽にしてやろう。」


そう言うと、今まで見たことのない、優しげな顔で微笑んだ。




胸の辺りに、なにか固いものが当たる感触がした。

恐る恐る視線を下げると、そこには、
鈍い銀色に光る銃が、心臓めがけて突きつけられていた。


「・・・!!!」


殺される!?

固まった体が、カタカタと震えてくる。

ブラウスの第二ボタンが、銃口に当たってカチカチと音を立てる。


「や・・め・・・・」


恐怖で、声にならない。



「楽になりたいのだろう?」


美津井は、微笑んだ顔のまま、
引き金にゆっくりと、人差し指をかけた。






  人間パンダ―前置き から読む
   http://oneofwing.blog70.fc2.com/blog-entry-155.html
   人間パンダ―19 を読む





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。