Sound of Wind Mill

思うまま 感じるまま を そのまま 言の葉や 絵の葉に のせて 気ままに 飛ばしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
地図


先生がある日言った。

「今から地図を配ります。」

地図だって!

私は、少しわくわくしながらイスに深く腰かける。



手渡されたのは、くるくる巻いた模造紙。

ドキドキしながらそっとひらけてみると

それは 白紙 だった。

なーんだ・・・



でも これ どうするんだ?

扱いに困って隣の席を見ると、

隣の子は、一心不乱に、クレヨンで線をいっぱい描いてる。

こうしちゃいられない!

あわてて、クレヨンを取り出す。

でも、何を描いていいのかわからない。

うー。 困った・・・

そうだ、隣の子みたいに描けばいい!

隣の机を横見しながら、一生懸命 まねた。

同じ色、同じ線。



そのうち、先生が来て言った。

「今日はここまで。」

はぁい・・・ なんだか疲れた。




そして、次の日

先生はまたこう言った。

「今から地図を配ります。」

またかよー。



くるくる巻いた模造紙。

広げてみると、やっぱり白紙だった。



なんだか、隣を見るのはもうあきたので

今度は、適当にクレヨンで思いつくまま描いてみた。

ふん。ふん。 ちょっとだけ楽しい。



すると、先生がまた言った。

「今日は、ここまで。」

えー。 もう終わり?




そのまた、次の日も、先生はこう言った。

「今から地図を配ります。」

案の定、広げてみると、また白紙・・・





そうして、いく日の日が過ぎただろう。

私は、ちょっと大きくなった。

白紙の地図を配られるのも、もうすっかりあたりまえになった。

そうして、クレヨンから持ち替えたマーカーで線を引く。

ふと、落としたペンを拾おうとしてかがみ、立ち上がったとたん

あることに気がついた。

あれ・・・透けてる・・・・・・

今まで描いてきた地図が重なって、重なって、複雑な模様を造りだしていることに。






・・・・これが・・・・・・わたしの・・・・・・・・・・・・









スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/22(日) 01:07:11 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/11(木) 16:13:22 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/18(金) 07:24:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。