Sound of Wind Mill

思うまま 感じるまま を そのまま 言の葉や 絵の葉に のせて 気ままに 飛ばしています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
奇妙な落し物-1
汗ばむ陽気。
思わずひたいの汗をハンカチで拭う。
「今日は 真夏日だな~」
ハンカチを鞄にしまうと また歩き出す。

すると前方に
痩せて 背のひょろ長い青年が
なにやら ぐるぐる キョロキョロ しながら立っていた。

暑くなると 変なのが増えて困るな・・・
私は 少し眉根を寄せると
そのまま真っ直ぐ 青年の立っている方へと歩を進めた。


青年は あいかわらず
立っている電信柱の 辺り一帯を 一心不乱に探している。
近づいてくる私には 目もくれない。

ははん さては コンタクトレンズを落としたか。
思わず老婆心から 声をかけた。
「コンタクトですか?」

青年は びっくりしたように ハッと顔を上げると
こちらを凝視した。
「いえ・・・その・・・」

その顔は 思っていたよりも 肌にはりがなく ふけて見えた。
そうかと思えば 目鼻立ちは 意外に童顔な印象を受ける とも言えなくもない。
こちらが 青年の年齢を あれこれ推測している間
青年は 何かを言いかけてはやめ 困ったようにもごもごと口ごもっている。

「あぁ、コンタクトを落とされたわけじゃないんですね」
なんだ ただの落とし物なら わざわざ 足元に気をつけることもないか


「落し物だったら 左の路地をつき当たった右に 交番がありますよ」
これ以上 関わることもないだろう。
一声かけて 通り過ぎようとした。

「あの!」

青年が 声を発した。
さきほどの もごもごとした声とは比べ物にならないほど
はっきりした声である。

「あの、交番って いわゆるお巡りさんのいる交番ですよね!?」
「・・はぁ・・そうですが・・」
他に交番と言われて何があったろうか。
すると 青年は
きっぱり 言い放った。

「その交番には 僕が探しているものは
 ・・絶対・・絶対に ありません!!」

「はぁ・・・」
初対面の青年に、そこまできつく断言されるとは 思ってもみなかった。
これはどうも 関わり合いにならないほうがよさそうだ。
「・・・そ、そうですか。では、どうも・・失礼・・」

電信柱と青年を通り過ぎようと、再び歩み始めた。

そのとたん
むんずと 腕をつかまれた。

「?!」

初対面のこの男に、腕をつかまれる筋合いが どこにあるというのだろう。
気色ばむより先に、驚きが勝ってしばし 呆然としていると

「僕は・・・確かに落としました!」
 この辺りで落としたんです!!
 でも・・・見つからないんです・・・」

「だから、交番に届いてるかも・・・」

「だから、それは、あり得ないんですよ!」
青年は、この暑さに似合わない青ざめた形相で 私を見つめた。


→奇妙な落し物-2 へ http://oneofwing.blog70.fc2.com/blog-entry-31.html

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。